IP電話へのインフラ移行。IP電話はコストダウンと共にセキュリティリスクを背負う選択になるかもしれません。

初心者向けIP電話に交換する事へのリスク管理記述

通信インフラとして確立しつつあるIP電話ですが、導入すると通常の電話と違い、オフィスでは様々なメリットがあります。一番大きなメリットは経済面でしょう。コストダウンはどの企業も気にするところです。IP電話の導入で通信をウェブ回線に組み入れ、使用することにより、従来固定電話の回線を減らす事ができます。次に、ウェブ回線を使用する事で、社内のPC機器などを始めとするネットワーク端末との連動が可能となります。業務の指示によりスムーズに対応しやすくなり、人的ミスも減る事になります。

すぐにでも導入を進めたいIP電話ですが、大きな問題点があります。それがセキュリティの問題です。IP電話はウェブ回線を使用するために、盗聴や不正行為の脅威により晒され易くなるという点です。複雑な専門用語を避けて解説しますが、通常の電話回線はセキュリティが社外で強固に守られている状態です。それに比べて、IP電話は、社内の端末のセキュリティが甘い状態の場合、盗聴やハッキングに会うリスクがあります。勿論、セキュリティ状態を万全にしておけば、通常はリスク回避できますが、人的ミスまで計算に入れてしまうと、そのセキュリティ性は絶対とは言えない点が現状です。

Copyright (C)2017実はすごい!今どきの家庭電話.All rights reserved.